上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 が、ひたすら僕の頭を巡り行く昨今。
 皆様如何お過ごしでしょうか。

 20選……。



 
 なにがいったいどうなったら自分の作品が……?!
 
 何故か今凄くこの曲に僕は確かにシンパシーを感じているのですが、20選で選ばれた気分と家の裏で2mぐらいあるマンボウが死んでいるのを発見した気分が同じであるかどうかはマンボウに家の裏で死なれた経験の無い僕には類推するしかないわけで、いやしかし人間、その場に立ってみないと判らない境地もあろうというもの。案外素敵な気分なのかもしれない。
 いつの日か、僕の家の裏でマンボウが死んでいた時が来たのなら。
 その時には、そうだ。
 僕はこのプログにその答えを書き込もうと思う。


 ……。
 
 …うん、いつもの通りの自分の文章だ。大丈夫。(←このような文章書きです)

 いやもとい。
 
 それぐらいショッキングだったということでして。
 
 おおお……おおお…。 

 選んでくださった皆様、本当にありがとう御座いました!
 もう……なんといってよいやら…・。ありがとうございました。

 
 まずは、素晴らしい「M@STER_FONTS」制作者でありますえこP様、「N-1グランプリ」主催のGBRP様に感謝を。
 お二方無くしてはこの動画は生まれてはきませんでした。
 

■雑感など。

 ひとつ、分析をしてみます。

 自分の動画は、きっと2年前とかに発表していたらまた反応が違ったのだろうな、と思っています。
 といいますのも。
 今現在、センスとデジタル映像技術の見本市みたいなニコマス動画の中。
 もう自分が絶対叶わないと思うセンスと技術の方がいっぱいいらっしゃるんですよ。自分も本当に毎回「この動画凄ぇえ?!」とか驚かされてばかりです。もう20選動画の中そんな人ばっかりです。
 しかし、その本来凄すぎるはずのセンスや技術が、あまりにも凄い人や作品が集いすぎて、ある意味言葉は悪いですが、見る側にとっては目が肥えてきてしまって「なんだか当たり前」的に映りはじめて来ているんじゃないかというのが、多かれ少なかれあるのかなあ、と。
 それが今のニコマスの、多少一面にあるのではないかなと少し思っています。
 
 それがいいことなのか悪いことなのかはわかりませんが。
 そういう側面があるのなら、あえて手法を変えてflashでニコマスPVに挑戦してみよう、とやってみたのが前作「舎利禮文」でした。
 まあ、自分の持っている(使える)動画ソフトがflashしかない、というのもあるんですが。
 (最大の短所は動画取り込めないというアイマス動画を制作するには正に鬼門なソフトですよflash)
 この動画も、実はえこpのマスターフォントに出合わなければ思い付くこともなかった作品なんですが。
 そして、それに引き続いた形で作ってみたのが今回の作品。 

 もう今更感の強い「flash」で、尚かつ、ほぼ直球ストレートといいますか、臆することなく言い放つと全く以て大したテクニックを使用しているわけでもありません。まあ見てわかりますよね(笑)
 しかしそこがある種、一周回って「あまり見たことないタイプのニコマス動画」として効果的に響いた部分も多分にあるのではないかなあ、とか思っています。

 2、3年ぐらい前だと、逆にflash系の動画は数多くあり見慣れたものだったし、逆に今のようなAF使った映像なんかは物珍しかったでしょうし。
 かなり反応が違ってきてたと思います。


 さて。           
 あとは「最後にオチをつける」というエンターティメントの基本の部分に徹したのが評価していただけたのかななどと、僭越ながら。
 今回のは、最後のあのオチを最初に思い付いて、そこから逆算して話を膨らませてシナリオ作ってました。
 逆に言うと、「ののワさん」ネタがあれしか思い浮かばなかった……。
 本当に思い浮かばなかった……。
 苦肉のネタだった……。
 
 
 人生どう転ぶかわかりません。

 
 
 
 ともあれ。
 選んで下さった皆様、ありがとうございました!

 もう嬉しいやらなにか申し訳ないやらで…・。
 動画もえらい高度な技術の映像美が連なる最後に自分のあの単純な奴がすぺーんと出てきてホントにいいのかしらとか。猫のPではありませんがずっとソワソワしてました。
 
 そして

 そしてちょろっとおじゃまさせて頂きましたが、運営の皆様お疲れ様でした!

スポンサーサイト
テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル




どうも今日は。20選に参加した者です。

「No,No,works.」素晴らしく面白かったです。そして何より新鮮でした。私などはかつてのflash全盛期を思い出しましたが、それが逆に今見ると「この手があったか!」と。

>「なんだか当たり前」的に映りはじめて来ている~
全く同感です。
そこに「No,No,works.」が見事に風穴を開けてくれた気がします。そしてただビジュアルが新鮮というだけでなく、テンポ良くきっちりオチる落語のようなストーリーも凄く良かったと思います。

本当に、おめでとうございます。
【2009/07/22 07:48】 URL | 水野。 #CWFpsCAI[ 編集]
>水野。さん

 ありがとうごさいます。
 ……人生初ブログ初コメントだ……!!(ブログ開設1年目にして)
 是非お祝いをしたい!

 ……どんだけ放置してあったんだこれ……。 


 ……いやもとい。
 実はこの作品、初めから「こういうものを作ろう」と思って出来た作品でありませんで。
 自分の机の上やら引き出しやらにある材料で、なんとかこれらを組み合わせて面白いものが出来たりしないだろうか、と、いろいろ組み合わせて頭ひねっていったら最終的にこうなった…というものでした(笑)
 flashで作るからfont主体で、動画は使えないから一枚絵を移動させて表示させる手法で、そこをなんとか飽きさせずに面白くみせるにはどうすりゃいいのか……等などと。  
 
 丁度GW、気付けば休日がほぼ全てこれに潰えていったという記憶も、いろいろ報われた気がします…!(笑)
 
 ありがとうございました。 
【2009/07/22 22:11】 URL | 機能美p #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/07/23 22:54】 | #[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 『胃』 -謂ウニ言欠ク-, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。